1. HOME
  2. ブログ
  3. 京都のこと
  4. 今どきの神社 京都・熊野神社衣笠分社で御朱印

今どきの神社 京都・熊野神社衣笠分社で御朱印

京都 熊野神社 衣笠

こんにちは。京都にて、檜の御朱印帳やオリジナルの御朱印帳、当社が考案した「ご祈願帳」、御朱印帳バンドやしおりなどの和雑貨を制作している「工房沙彩」です。

ご来店いただき、ありがとうございます。

京都 熊野神社 衣笠 御朱印

「西大路七福社ご利益めぐり」3番目の紹介は、熊野神社衣笠分社(くまのじんじゃきぬがさぶんしゃ)です。

ご利益は「縁結び、安産、病気平癒」

熊野神社とは、熊野三山の祭神である、熊野権現(くまのごんげん)の勧請(かんじょう:祭神を他の神社に移すこと)を受けた神社のことで、全国に3000社ほどあるそうです。

その中で「京都三熊野」と呼ばれているのが「京都熊野神社」「新熊野(いまくまの)神社」「熊野若王子(くまのにゃくおうじ)神社」です。

今回参拝した熊野神社衣笠分社は、京都熊野神社の分社となります。

京都 熊野神社 衣笠

ご祭神は5柱おられます。

「伊弉冉(イザナミ)尊(のみこと)」「伊弉諾(イザナギ)尊(のみこと)」「天照(アマテラス)大神(おおかみ)」「速玉男(ハヤタマノヲ)尊(のみこと)」「事解男(コトサカノヲ)尊(のみこと)」

(熊野神社の由緒書通り表記しました)

以前イザナギが、黄泉の国に旅立ったイザナミを追いかけて行き、結局変わり果てた姿を見て別れを告げた…という話を書かせていただきました。

(よろしければ、ご覧くださいね)

実はその際に誓いをたて(一説には「お前には負けないぞ」と言われたとか…)

唾を吐いた時に生まれたのが「ハヤタマノヲ」

その唾を掃きはらって生まれたのが「コトサカノヲ」

なのです。

ですから、ハヤタマノヲは厄払いの神様、コトサカノヲは悪縁切りの神様となります。

なぜこの二柱が、イザナギ・イザナミ(元)夫婦と一緒に祀られているのか不思議な気もしますが、

もう一度、言わせてください!

本当に… イザナギったら!

京都 熊野神社 八咫烏

さて、なぜこの地に分社があるのかですが、

もともとこの地には、朝廷に仕えた医師の屋敷があったそうです。その方が、熊野神社を崇敬しておられ、没後に寄進されたそうです。

1983年に建てられたとありますが、確かに現代風なコンクリート造りの社殿です。

鳥居や狛犬は見当たりません(おそらくないと思います)。

階段を上がると、神様が祀られている本殿(?)があります。

なんともシンプルな神社さんですが、閑静な住宅街に溶け込むように鎮座され、温かく見守っていただいているような気持になります。

 

御祈願帳とご朱印

工房沙彩では、願いに応じたご祈願帳を販売しております。

よろしければ、ショップで確認してみてくださいね。

 

 

 

関連記事