メインビジュアル メインビジュアル
工房沙彩ロゴ

受注から生産まで

一冊、一冊に製本の伝統を守る
先人達から培った技術を結集してつくった御朱印帳

仮画像
製本職人の手で丁寧に1冊ずつの手製本で仕上げています。御朱印が裏写りしないように2枚の紙を貼り合わせ蛇腹式に作成。また墨色が美しく映え、適度なにじみも出る奉書紙を使用。表紙巻き、蛇腹の中紙、表紙と中紙のはりつけまで、全て手加工で作業例えば糊付けの刷毛の塗り方一つをとっても、職人の手業を必要とします。
中紙は、刷毛でちょうど良い量の糊を塗布し、熟知された感覚がとても大事な作業です。

表紙の仕様や中紙、サイズなど、ご予算や用途に応じて
オリジナル仕様のご要望に出来る限りお答えします。

御朱印帳

仮画像

御朱印とは、神社や寺院において、
参拝者に向けて押印される印章・印影の事を言います。

ページ数の変更や表紙をオリジナルで作成可能。
またA4サイズなど、御朱印帳のサイズを
大きくすることも可能です。
工房沙彩では予算に合わせたご提案や
表紙のデザインなどのご提案も承ります。

和綴じ

仮画像

和綴じ本とは日本で工夫された冊子の
綴じ方のいわゆるノートです。

大和やまと綴じ・四つ目綴じ・三つ目綴じ
麻の葉綴じ
亀甲きつこう綴じ・高貴綴じなど、
種々の形式があります。
和綴じの本は1冊1冊手作りとなりますので
大量生産には不向きですが、
少量からの生産が可能です。

商品のお問い合わせやご相談など
お気軽に多い合わせください。