1. HOME
  2. ブログ
  3. 京都のこと
  4. 日本第一安産守護大神を祀る 京都・御香宮神社で御朱印

日本第一安産守護大神を祀る 京都・御香宮神社で御朱印

京都 御香宮 十六社

こんにちは。京都にて、檜の御朱印帳やオリジナルの御朱印帳、当社が考案した「ご祈願帳」、御朱印帳バンドやしおりなどの和雑貨を制作している「工房沙彩」です。

ご来店いただき、ありがとうございます。

京都 御香宮 御朱印

「京都十六社朱印めぐり」本日の紹介は、御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)です。

地元の方は「ごこうぐう」と呼んでいます。

伝承によると平安時代、境内より良い香りの水が湧き出し、その水を飲むと病が治ったので、時の清和天皇から「御香宮」の名を賜ったそうです。

京都 御香宮 十六社

この湧き出た水は「御香水」と言われ、明治時代に一旦涸れてしまったそうですが、昭和57年に復元され、その後「名水百選」に選ばれました。

現在も、自由に取水をすることができます。

京都 御香宮 十六社

ご利益は「安産守護・子育て」

ご祭神は「神功(じんぐう)皇后」

古事記では「息長帯比売(オキナガタラシヒメ)命(のみこと)」と記される、第14代仲哀(ちゅうあい)天皇の大后です。

(以降は、ややこしいので「神功皇后」と書かせていただきます)

神功皇后は、神さまのお告げを聞くことができました。

仲哀天皇が、熊曾(くまそ:九州南部を本拠地とする、王権に抵抗したとされる種族)を討とうとされた際も、神さまのお告げを聞き、天皇に伝えます。

ただそれが、熊曾ではなく、西にある新羅(しらぎ:朝鮮半島にあった国)へ行けとのお告げだったため、天皇は信じませんでした。

すると神さまはお怒りになり、その怒りにより天皇は崩御されました。

この神さまの怒りを鎮めるため、国を挙げて大祓いをし、再びお告げを聞くと、やはり同じことを言われ、

「この国は(神功皇后の)お腹の中にいる男児が治める国である」

と告げられたため、神功皇后は、自ら先頭に立って、新羅征伐に向かいます。

神さまのお力添えもあり、新羅征伐は成功しますが、その途中、お腹の子供が生まれそうになります。

神功皇后は、国に帰るまで生むことはできないと、お腹に石を巻き付けておさえたそうです。

経験上「絶対無理!」としか言いようがありませんが(笑)

もちろん帰国後、無事出産され、御子は第15代応神(おうじん)天皇となられました。

これが「日本第一安産守護大神」と言われる所以でしょうね。

日本書紀では、応神天皇が即位されるまでの70年間、皇太后として政治を行ったとされています。

(100歳まで生きられたそうです!)

また明治時代までは、初の女性天皇とされていたそうです。

皆さんも、神功天皇のパワーを授かりに行かれてみてはいかがでしょう。

 

御祈願帳とご朱印

工房沙彩では、安産祈願のためのご祈願帳を販売しております。

母親の安全と新しい命との出会いを願った麻の葉柄の表紙です。

よろしければ、ショップで確認してみてくださいね。

関連記事