1. HOME
  2. ブログ
  3. 京都のこと
  4. 女性パワーを浴びる! 京都・市比賈神社で御朱印

女性パワーを浴びる! 京都・市比賈神社で御朱印

京都 市比賈神社 十六社

こんにちは。京都にて、檜の御朱印帳やオリジナルの御朱印帳、当社が考案した「ご祈願帳」、御朱印帳バンドやしおりなどの和雑貨を制作している「工房沙彩」です。

ご来店いただき、ありがとうございます。

京都 市比賈神社 御朱印

「京都十六社朱印めぐり」本日の紹介は、市比賣神社(いちひめじんじゃ)です。

ご利益は京都唯一の「女人厄除」

平安京遷都直後の795年、藤原冬嗣が垣武天皇の命により、官営市場東市・西市の守護神として創建されたそうで、「市場守護」のご利益も記されています。

京都 市比賈神社 十六社

ご祭神は、

「多紀理比賣(タギリヒメ)命(のみこと)」」

「市寸嶋比賣(イチキシマヒメ)命(のみこと)」

「多岐都比賣(タギツヒメ)命(のみこと)」

「神大市比賣(カミオオイチヒメ)命(のみこと)」

「下光比賣(シタテルヒメ)命(のみこと)」

(市比賣神社の由緒書通りに表記しました)

「カミオオイチヒメ」は、スサノオの二番目の奥さまで、お稲荷さんのご祭神・宇迦之御魂(ウカノミタマ)神(のかみ)のお母さまです。

「シタテルヒメ」は、タギリヒメの御子で、お父さまは大国主(オオクニヌシ)命(のみこと)。本殿には、タギリヒメがシタテルヒメを抱いている御神像が 安置されているそうです。

(ホームページによると、現在は国立博物館に預けておられるようですね)

そして最初の三柱は、誓約(うけい)によって誕生した、須佐之男(スサノオ)命(のみこと)の御子です。

(詳しくは、アマテラスについて書いたブログを読んでくださいね)

この三柱は、「宗像三女神(むなかたさんじょしん)」と呼ばれています。

日本書紀によると、アマテラスは「道中(現在の玄界灘)に天降って、天孫(すめみま:自分の孫・天皇のことです)を助け、また天孫に祀られるのを受けよ」と三柱に命じたそうです。

そして、沖津宮・沖ノ島にタギリヒメ、中津宮・筑前大島にイチキシマヒメ、辺津宮・宗像田島にタギツヒメが祀られたそうで、遣隋使や遣唐使もこの島を目印として渡海したそうですよ。

現在も祀られている、この三柱。

特に沖ノ島は「神の島」と呼ばれ、島全体がご神体とされています。一般人の立ち入りは禁止されており、神職以外は渡島できない、神聖な島なのです。

京都 市比賈神社 十六社

境内には、誓約の際に使われた「天之真名井(あめのまない)」と同じ名前の井戸があります。歴代天皇の産湯に用いられたという伝承が残り、落陽の七名水の一つに数えられ、現在も名水として茶会、花展・書展等に用いられています。

絵馬を掛け、「天之真名井」のご神水を飲んで手を合わせると、心よりの願い事が一つだけ叶うと伝えられています。

みなさんも、女神さまのパワーを受けに参拝されてみてはいかがでしょう。

 

御祈願帳とご朱印

工房沙彩では、願いに応じたご祈願帳を販売しております。

よろしければ、ショップで確認してみてくださいね。

関連記事