1. HOME
  2. ブログ
  3. 商品のこと
  4. 美しい女神さま、木花佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)命(のみこと)

美しい女神さま、木花佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)命(のみこと)

工房沙彩(こうぼうさあや)オリジナル「檜の御朱印帳・日本神話シリーズ」の神さまのご紹介です。

今回は「木花佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)命(のみこと)」です。

日本神話 

こんにちは。京都にて、檜の御朱印帳やオリジナルの御朱印帳、当社が考案した「ご祈願帳」、御朱印帳バンドやしおりなどの和雑貨を制作している「工房沙彩(こうぼうさあや)」です。

ご来店いただき、ありがとうございます。

檜 工房沙彩 此花

さて本日は、日本神話好きにファンが多い

「木花佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)命(のみこと)」です。

「木花」とは「桜」のことで、「桜の花が咲くように」美しい女神さまだと言われています。

父上は「大山津見神(オオヤマツミノカミ)」

夫婦神、伊邪那岐(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)が国つくりの際に誕生させた御子神です。

(この夫婦神についても、ブログで紹介していますので、お読みいただければ幸いです)

この父上は山の神であり、コノハナサクヤヒメに富士山を譲ったと言われています。

又、子だくさんで、

須佐之男(スサノオ)の奥様である「櫛名田比売(クシナダヒメ)」の御両親や

スサノオの二番目の奥様「神大市比売(カムオホイチヒメ)」 なども、この神さまの御子です。

ちなみに神さまの世界では、兄妹が夫婦になることは珍しくなく、また「年代的におかしいやろ!」と突っ込みたくなるようなことも、平然とあります(笑)

コノハナサクヤヒメには、有名な神話が二つありますが、

一つは姉の石長比売(イワナガヒメ)をご紹介する次回にさせていただきます。

もう一つの神話

天照(アマテラス)大御神(おおみかみ)の孫である「邇邇芸(ニニギ)命(のみこと)」と結婚し、

妊娠したコノハナサクヤヒメは、そのことを報告します。

するとニニギは、「一晩しか共にしていないのに、妊娠するはずがない。他人の子だろう」と

おっしゃいました…

はあ?!ですよね!!!

するとコノハナサクヤヒメは

「神の子(つまりニニギの子)であれば無事に生まれてくるでしょう」と答えて、

出入口のない御殿を造り、内側から土を塗って出られないようにし、

産まれる直前には、御殿に内から火をつけ、そして炎の中で無事出産されました(それも三人も!)。

本当に!!! 「あやまれ!」って怒鳴ってやりたいですよね!!!

このこともありコノハナサクヤヒメは、火を伏せる強い力を持っておられるとされ、

富士山の噴火を抑えてくださっていると言われています。

そのため、富士山本宮浅間大社(せんげんたいしゃ)のご祭神(さいじん)でいらっしゃいます。

また、なにより安産の神様として、確固たる地位を築いておられます。

 

工房沙彩

工房沙彩では「木花佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)命(のみこと)」をモチーフにした御朱印帳を販売しておりますので、

よろしければ、商品ページで確認してみてください。

 

 

関連記事