少しずつ変わっていく今に京都が築いた歴史を伝えたい。