1. HOME
  2. ブログ
  3. 神様仏様のこと
  4. 夫婦神 伊邪那岐命と伊邪那美命(2)

夫婦神 伊邪那岐命と伊邪那美命(2)

こんにちは。京都にて、檜の御朱印帳やオリジナルの御朱印帳、当社が考案した「ご祈願帳」、御朱印帳バンドやしおりなどの和雑貨を制作している「工房沙彩」です。

ご来店いただき、ありがとうございます。

本日は、前回に引き続き、

「伊邪那岐(イザナギ)命(のみこと)」と

「伊邪那美(イザナミ)命(のみこと)」 です。

前回、イザナミが黄泉国(よもつくに)に旅立たれたことを書きました。

実はイザナギは、黄泉国へイザナミを追って行かれるのです。

黄泉国のものを食べたので、もとの国には戻れないと告げるイザナミ。

しかし、イザナギは諦めきれず、イザナミを説得します。

その気になり、受け入れるイザナミ。

なのに、変わり果てたイザナミの姿を見て

(黄泉国のものを食べると、そうなるのだそうです)

逃げ出してしまわれるのです。

そして、黄泉国の入口を「千引の岩」で塞ぎ、別れを告げられます。

怒ったイザナミが「地上の人間を一日に千人殺します」と告げると、

対してイザナギは「それなら一日に千五百人産ませよう」と応えます。

こうして、生と死の世界が分かれてしまうことになりました。

本当に… 神様…いや、イザナギったら…

もとの国へ戻ったイザナギは、黄泉国の穢(けが)れを払うため、川に入り禊(みそぎ、身体を清めること)を行います。

その時、二十五柱の神様が誕生されますが、その最後の三柱こそ「アマテラス」「ツクヨミ」「スサノオ」なのです。

喧嘩別れをされた二神ですが、「自凝(おのころ)神社」では、仲良く祀られています。

工房沙彩では、この三貴子をモチーフにした、御朱印帳を販売しておりますので、よろしければ、商品ページで確認してみてください。

 

関連記事