1. HOME
  2. ブログ
  3. 商品のこと
  4. モテモテの神様 大国主神

モテモテの神様 大国主神

こんにちは。京都にて、檜の御朱印帳やオリジナルの御朱印帳、当社が考案した「ご祈願帳」、御朱印帳バンドやしおりなどの和雑貨を制作している「工房沙彩」です。

ご来店いただき、ありがとうございます。

さて本日は、三貴子と共に有名な

「大国主(オオクニヌシ)神(のかみ)」です。

スサノオの六代目の子孫で、

大穴牟遅神(オオナムヂのかみ)

葦原色許男神(アシハラシコオのかみ)

八千矛神(ヤチホコのかみ)

宇都志国玉神(ウツシクニタマのかみ)

という、別名があります。

この神様の神話で有名なのは「稲羽(いなば)の白兎」ですね。

この頃は「オオナムヂ」と呼ばれていたのですが、ややこしいので「オオクニヌシ」でお許しを…

オオクニヌシには大勢の異母兄弟がいました。

この兄弟たちは、美人と評判の稲羽の「八上比売(ヤガミヒメ)」に求婚をしに出かけます。

その時、オオクニヌシに荷物持ちとして、同行するように命じました。

途中の岬で、皮を剥がれて泣いている兎を見つけたオオクニヌシは、可哀そうに思い、治す方法を教えます。

その通りにしたところ、兎の体はすっかりきれいになりました。

喜んだ兎は「あなたがヤガミヒメを貰うでしょう」と予言します。

そして兎が予言した通り、稲羽に着いた兄弟たちにヤガミヒメは、オオクニヌシと結婚したいと伝え、二人は結ばれたのでした。

と、ここで終われば ハッピーエンドなのですが、

これに怒った兄弟たちは、団結してオオクニヌシを殺す計画を立てます。

真っ赤に焼いた岩を、オオクニヌシめがけて落とし、焼き殺したり、大樹の裂け目に誘い込み、挟み殺したりしたのです。

しかし、どちらもオオクニヌシの母上が、生き返らせます。

そして兄弟たちから逃れるため、スサノオのいる「根之堅州国(ねのかたすくに)」に、ひとり行くことになります。

さあ、オオクニヌシは、どうなるのでしょう。

続きはまた後日…

工房沙彩では、オオクニヌシをモチーフにした、御朱印帳を販売しておりますので、よろしければ、ショップで確認してみてくださいね。

 

関連記事