1. HOME
  2. ブログ
  3. 商品のこと
  4. モテモテの神様 大国主神2

モテモテの神様 大国主神2

工房沙彩(こうぼうさあや)オリジナル「檜の御朱印帳・日本神話シリーズ」の神さまのご紹介です。

今回は「大国主(オオクニヌシ)神(のかみ)」第二弾です。

日本神話 

こんにちは。京都にて、檜の御朱印帳やオリジナルの御朱印帳、当社が考案した「ご祈願帳」、御朱印帳バンドやしおりなどの和雑貨を制作している「工房沙彩(こうぼうさあや)」です。

ご来店いただき、ありがとうございます。

工房沙彩 檜 大国主

さて、本日は「大国主(オオクニヌシ)神(のかみ)」第二弾です。

この頃もまだ「オオナムヂ」と呼ばれていますが、ややこしいので「オオクニヌシ」とします。

「根之堅州国(ねのかたすくに)」に着いたオオクニヌシは、スサノオの娘である「須勢理毘売(スセリビメ)」と出会い、すぐに恋に落ちます。

(オオクニヌシは、スサノオの六代目の子孫で、スセリビメは、スサノオの娘…  神様って不思議!)

そしてスセリビメは、スサノオにオオクニヌシを紹介するのですが、スサノオはオオクニヌシを見ると、

「葦原色許男(アシハラシコオ、地上の世界の醜男という意味)」と呼び、その後、いろいろな試練を与えるのです。

(自分の身内なのに…)

それでも、オオクニヌシはスセリビメの助けを借りながら、試練を乗り越えていきます。

そして、スサノオが油断をしている隙に、二神は逃げ出します。

スサノオは黄泉国(よもつくに)の入口まで追っていきますが、あきらめて

「これからは、オオクニヌシ神と名乗って出雲の国を治めよ」

(本当は、もっといろいろなことを言っておられますが…)

と、告げられました。

と、ここで終われば やっとハッピーエンドとなるのですが、

みなさん、忘れてませんか?

稲羽の国で結婚した「ヤガミヒメ」のことを。

待ち続けたオオクニヌシは、黄泉国から別の妻を連れて戻ってこられたうえ、スサリビメの嫉妬は激しく、恐れを感じたヤガミヒメは、生まれたての子供を置いたまま、稲羽の国に戻ってしまわれます。

又、オオクニヌシは、各地で多くの妻をもったため、スセリビメの嫉妬に、苦しむことになるのです。

(それでも恋はやめられない。神様はすぐ恋してしまう方が多いです)

大国主の神話は、まだまだ続きます。機会があれば、また…

 

檜の御朱印帳

工房沙彩では、オオクニヌシをモチーフにした、御朱印帳を販売しておりますので、よろしければ、ショップで確認してみてくださいね。

関連記事