1. HOME
  2. ブログ
  3. 神様仏様のこと
  4. 神さまといえばまず三貴子(さんきし)から

神さまといえばまず三貴子(さんきし)から

こんにちは。京都にて、檜の御朱印帳やオリジナルの御朱印帳、当社が考案した「ご祈願帳」、御朱印帳バンドやしおりなどの和雑貨を制作している「工房沙彩」です。

ご来店いただき、ありがとうございます。

さて、ブログ最初の神様は、やはり「三貴子」です! 「三貴神」とも呼ばれています。

「天照大御神(アマテラスおおみかみ)」

「月読命(ツクヨミのみこと)」

「須佐之男命(スサノオのみこと)」  ですね。

ところで、この三貴子の父上はイザナギだということは有名ですが、母上は、その妻イザナミではないということは、ご存じでしょうか?

(二人が結ばれて誕生したのではない、ということです)

(日本書紀では、母上となっている箇所もあります)

実は三神が誕生される前に、イザナミは亡くなっておられます。

(黄泉国(よもつくに)に旅立たれたのです)

そして事情があって、イザナギが川で禊(みそぎ 身体を清めることです)をし。

左目を洗うと「アマテラス」

右目を洗うと「ツクヨミ」

鼻を洗うと「スサノオ」 が、誕生するのです!

なんてミラクル!

でも、神様は、自分の排泄物や、着ていた服からも、子供が誕生するのです。

そこは「神様だから」と受け止めましょう。

ちなみに、この禊の際、三貴子以外にも、二十三柱の神様が誕生されています (神様は〇柱と数えます)。

ただ、イザナギが、この三神の誕生を大変喜ばれたことは間違いありません。

なので、アマテラスには高天原、ツクヨミには夜の国、スサノオには海原を治めるように命じられたのです。

そして、これ以降、イザナギの子供が誕生した記述は、ありません。

おそらく、立派な子供に恵まれ、満足されたのでしょう(個人的見解です)。

それぞれの神様のことは、また次回…

 

工房沙彩では、この三貴子をモチーフにした、御朱印帳を販売しておりますので、よろしければ、ショップで確認してみてください。

関連記事